エイジングケア

活性酸素と肌の抗酸化

年齢とともに肌が衰えていく理由は、活性酸素によるもの、とされています。

活性酸素は、酸素が体内に入ってくると脂質と一緒になり発生し体の細胞膜を壊してしまいます。
そして、細胞が衰え肌の老化となり、ハリがなくなったりシミやシワが出来てしまいます。
活性酸素は美容への天敵と言えます。

さらに、活性酸素は動脈硬化などの深刻な病気の原因にもなるなど、健康面でも悪影響があります。

近年、「肌の抗酸化」が注目されています。
これは文字通り、肌の酸化(活性酸素の発生)を防ぐことです。

肌の衰えはそのままでは何も変化していかず、どんどん老化していく一方です。

肌の抗酸化力を高めることにより、アンチエイジングや肌老化の改善など、美容への様々なメリットがあります。

具体的な抗酸化の方法として、抗酸化効果のある栄養分を摂取する方法です。
ビタミンC、ポリフェノールなどが抗酸化物質として有名です。
これらの栄養素が含まれる果物や野菜を意識して食べるようしたり、
サプリメントなどを上手に利用するようにしたりするといいでしょう。

常に抗酸化作用があるように体を改善していかないといけません。
そのためにはエクササイズも抗酸化力を高めるにはよい方法です。

若くなることは無理ですが、抗酸化力を高め活性酸素の発生を減少させることで体の老化を最小限に抑えることは可能です。

常に若若しくあるためにも「肌の抗酸化」を意識してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 肌が老化する原因、知っていますか?
  2. 抗酸化作用のあるビタミン
  3. エイジングケアの始め時は?
  4. 若いころと比べてのハリと弾力
  5. ほうれい線ができる理由と対処
  6. 活性酸素が増えると肌はどうなる?
  7. 紫外線の肌への影響について
  8. あなたの肌、枯れ肌かも!?

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP