エイジングケア

ほうれい線ができる理由と対処

年齢がわかってしまうポイントのひとつに「ほうれい線」があります。お肌がたるんでしまうことが、ほうれい線ができるそもそもの要因です。

顔のたるみは、表情をつかさどる筋肉と筋膜が関係しています。年齢と共に筋膜が衰えてくると、土台を失った筋肉は重力に負けてしまい、頬を引き上げたりする力が弱まりたるみが生まれます。そのたるんだ部分が癖になることで、ほうれい線やシワとなってしまいます。

また、お肌のたるみに大きく関係するのが紫外線です。たとえ短時間でも、大量に紫外線を浴びると細胞が傷ついてしまいます。紫外線は、お肌の老化スピードを速める大きな原因です。室内でも窓から真皮まで届く紫外線が入ってきます。気がつかないうちに、日焼けをしてしまうことがあるので気をつけたいですね。

肌のたるみを、ダイエットで引き締めようという人もいます。運動を取り入れた適度なダイエットは、新陳代謝が上がるのでお肌が美しくなります。でも、無理な食事制限をするダイエットは、お薦めできません。お肌だけでなく体全体に栄養が行き届かなくなり、また免疫も落ちるので、新たな肌トラブルが生まれる可能性もあるからです。急激な体重の変化はたるみの原因にもなるので、無理のないペースで行いましょう。

関連記事

  1. お肌のくすみ対策
  2. 抗酸化作用がある食品について
  3. 活性酸素が増えると肌はどうなる?
  4. 活性酸素と肌の抗酸化
  5. 紫外線の肌への影響について
  6. 抗酸化作用のあるビタミン
  7. 若いころと比べてのハリと弾力
  8. エイジングケアの始め時は?

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP