エイジングケア

紫外線の肌への影響について

紫外線が肌に悪いということは良く知られていますが、なぜ紫外線が肌に悪いのかその理由をご存知ですか?

紫外線を多く浴びた肌は、活性酸素が発生します。活性酸素は肌を老化させる物質で、この活性酸素が発生すると組織の再生力も落ちてしまいます。また活性酸素はメラニン色素を増やすために、シミ・ソバカスといった肌トラブルの要因ともなります。

また、紫外線は長く浴びると皮膚が厚くなり結果シワが深くなったり、皮膚がんなどの深刻な病気になる可能性もあります。さらに、女性にとって大きな問題は肌の老化を早めてしまうこと。シワやシミは年齢とともにどんどん増えていきます。

このようなことから、紫外線は浴びなければそれにこしたことはありません。紫外線対策は日差しが強くなる夏はもちろんのこと、日中外に出るときは必ず対策をしましょう。

紫外線対策として一般的なのは日焼け止めクリームです。日焼け止めクリームは紫外線を吸収し、紫外線から肌を守る働きがあり光を反射させる効果があります。

肌への負担が大きい紫外線はなるべく浴びないようにすること、外出時のケアを怠らないことが、肌の老化を防ぐ第一歩になります。

関連記事

  1. お肌のくすみ対策
  2. エイジングケアの始め時は?
  3. アンチエイジングに大切なスキンケア
  4. 抗酸化作用のあるビタミン
  5. 若いころと比べてのハリと弾力
  6. 活性酸素と肌の抗酸化
  7. 肌が老化する原因、知っていますか?
  8. 活性酸素が増えると肌はどうなる?

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP