エイジングケア

抗酸化作用のあるビタミン

体内で脂質と酸素が結合して作られる活性酸素ですが、健康に害を及ぼすものとしてその対策には抗酸化が必要といわれています。

抗酸化は、食生活のバンランスを取ることで効果が上がるのですが、抗酸化作用がある食べものには、野菜や果物があります。しかし生活習慣により食事の内容も個人差があり、食事の管理だけでは体の抗酸化をすることが難しい場合もあります。そのようなときにはビタミンなどのサプリメントを取ることも効果的な方法です。

ビタミンは抗酸化作用がある成分として注目されていますが、ビタミンCやビタミンEなどが特に抗酸化作用が高いとされています。ビタミンは体内で作られる成分ではありませんので、食べ物やサプリメントなどからとる必要があります。特にビタミンCは、果物に多く含まれていますが毎日食べるの難しい場合があります。

サプリメントは、このように生活習慣の違いにより食生活のバランスが取れない人には、とても効果的な方法といえます。ビタミンEも抗酸化作用がとても高いものです。ビタミンEは、ゴマやオリーブオイルといった油に豊富に配合されていますので、体内で善玉コレステロールとなり、現代病の高血圧などの予防になります。血液の流れをさらさらにする作用がありますので、体の新陳代謝も改善され、女性には嬉しい美容効果もとてもあります。

肌の老化を防ぐにもこれらのビタミンはとても重要ですので、毎日取るように心がけていきましょう。

関連記事

  1. ほうれい線ができる理由と対処
  2. 小ジワが気になる・・・その原因
  3. あなたの肌、枯れ肌かも!?
  4. 肌が老化する原因、知っていますか?
  5. 紫外線の肌への影響について
  6. 活性酸素と肌の抗酸化
  7. 活性酸素が増えると肌はどうなる?
  8. 若いころと比べてのハリと弾力

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP