美容成分ガイド

美容ビタミン、レチノイン酸

コラーゲンを活性するレチノイン酸は、しわやシミを改善する作用があるためとても注目されている成分です。にきびの治療薬としても使われることがありますが、レチノイン酸はビタミンAの一種です。美容外科でもよく使われるのですが、肌のはりをだしたり、艶、透明感など、使い方によりとても効果のある成分です。

このレチノイン酸は、肌の古い組織を再生する効果もあり、美容の目的でよく使われる成分です。直接肌につけてピーリングなどを行う場合もあります。その為レチノイン酸が配合されているコスメには、美肌効果、そして色素沈着を防ぐ為にしみの予防と改善にも効果があります。

レチノイン酸は日本では認可になっていませんが、すでに認可になってりるアメリカ製の商品など使われることが良くあります。まれに敏感肌の人には刺激が強すぎて肌が炎症を起してしまう場合もありますのでご注意ください。レチノイン酸が配合されているコスメを使うときには、その含有量なども確認して自分の肌に合うか注意しましょう。

レチノイン酸を配合した美容クリームには、レチンAクリームがありますが、海外から入手したレチノイン酸を、低刺激で使用できるように配合の量も考慮したとても美容効果のあるクリームです。エイジングの効果を期待する人には、このレリノイン酸配合したコスメがオススメです。

肌に負担がかからないように注意しながら使ってくださいね。

関連記事

  1. エイジング効果抜群、イソフラボン
  2. 肌を潤す、ヒアルロン酸
  3. 保湿成分、セラミド
  4. 美容の王様、ビタミンC
  5. 保湿の要、アミノ酸
  6. メラニンを抑えるハイドロキノン
  7. 肌細胞活性化、レチノール
  8. 肌のツヤハリに、コラーゲン

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP