乾燥肌対策

秋冬の乾燥肌対策

ポリポリ…

肌の乾燥が進むとついついかいてしまいますよね。でも、かいても収まらないし、余計にかゆくなったりしまったり。

乾燥がひどくなると、自分の髪の毛が触れただけでかゆくなるし、下着のラインがかゆくなることもあります。乾燥しているだけでも肌のバリア機能は低下しているのに、かきむしってしまったらさらにバリア機能は壊れてしまいます。それに、皮膚が化膿してしまうこともあるので、やさしくケアすることが大切です。

外出している時は、乾燥を防ぐのは難しいですが家にいる時は、加湿器をつけたり乾燥させないようにお肌のケアに気を付けましょう。

乾燥でかゆくなったときには、冷やすのが良いです。お家にある保冷剤をあてたりしてみてください。かいたところが炎症しているから、ひんやり気持ちいいですよ。また、グリセリンや尿素が入っているクリームを塗るのも効果的です。乾燥肌を保湿し、肌の炎症を防ぎます。最近はセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが入ったものが人気があります。

乾燥肌の人にオススメなのは化学繊維ではないもの、コットン100%の素材などです。首元と手首と足首をできるだけ露出しないようにするとあったかくおすすめです。暖房のきいた店に入った時でもいいですし、マフラーや手袋だとすぐ外せるので調節もしやすいです。重ね着しすぎると、暖房の利いた店で汗だくになることもありますし、それで外に出ると汗で逆に体が冷えてしまいます。

また、寒いときは積極的に体を動かすようにしてみましょう。ジムで体を動かしたりするのもいいですね。代謝が上がり肌の調子も良くなることが多いです。

関連記事

  1. 乾燥肌のメイク注意点
  2. お風呂上りの乾燥肌ケア
  3. 乾燥肌の化粧水・保湿美容液選び
  4. 乾燥肌と食べ物
  5. 乾燥肌はバリア機能不足

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP