アーリーエイジング

20代でもアンチエイジングケアは必要?

20代になると体に疲れが残るようになるのと一緒で、肌にも衰えはでてくるものです。そのためにエイジングケアは必要になってきますが、もし20代からエイジングを始めないとどうなるのでしょうか。

肌の衰えが目に見て分かるようになる30代後半からは、スキンケアをしっかりしてもなかなか思うように効果は表れません。そのため、エイジングに必要なサプリメントを飲む事なども必要になってきます。今肌にトラブルがなくても20代からエイジングを始めないと、その30代後半頃から肌の老化に差が付いてきます。早いうちからケアをしておけば肌のハリも保つことができますが、老化した肌を元に戻すのはとても大変なことです。

後で楽をするためにも早めのエイジングケアが効果的です。特に20代では大人にきびなど肌のトラブルもありますが、これも肌の衰えによるものです。肌の角質はターンオーバーがきちんとできないと古くなった角質が肌に残ったままになります。そのため、肌がくすんだり、表面が滑らかでないのは加齢による肌の新陳代謝が活発でない証拠です。そして紫外線も肌の老化を早める大きな原因になりますので、20代の頃の日焼けは必ず後からシミとなってしまいます。

生活の習慣や食生活にも注意をすることがエイジングにはとても効果的になりますので、早いうちからの心がけは大切です。特に肌の乾燥は老化を早めますので、保湿は充分に行っているように注意してください。

関連記事

  1. 20代でも油断は禁物!正しいスキンケアの方法
  2. 20代のシワ・ほうれい線対策

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP