アーリーエイジング

20代のシワ・ほうれい線対策

20代でもシワができることはよくあります。シワは肌の老化が始まっている証拠ですので、正しい方法でスキンケアなどの対策をとることが必要です。

20代の頃は、まだ日焼けをして楽しんでいることも多いですよね。ただ、これはシワやシミの大きな原因になります。紫外線は肌の老化を早め、とても肌には負担が大きいものです。外出するときはなるべく紫外線対策をすることが肝心です。

また、日差しが強くなくても紫外線は肌に浴びています。そして肌の乾燥によるしわは、目尻やおでこなど細かいものとなり20代の肌にも沢山のしわができることがあります。これは充分な保湿がされていない為、角質層に水分を保たれていない状態です。エイジング効果のあるスキンケアコスメを使うのも方法ですが、毎日の生活習慣の見直しなども肌の健康の為に重要です。

そして年齢により顔の筋肉も衰えていきます。これはのちにほうれい線など、顔のたるみとなってあらわれていまいますので、ハリがないと感じたらお肌のケアをしっかり始めましょう。

お肌のケアには正しい洗顔と保湿が必要になりますが、この洗顔もあまり肌をこすらないように気をつけてください。肌の表面を傷つけることにより細かいシワの原因にもなります。ふっくらしたハリのある肌には毛穴もなく艶もあります。

20代からのお肌のお手入れが、エイジングにも大きく差が出ますので、早めの対策が必要ですし、まだ大丈夫だと安心してはいけませんよ。

関連記事

  1. 20代でもアンチエイジングケアは必要?
  2. 20代でも油断は禁物!正しいスキンケアの方法

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP