美容成分ガイド

保湿成分セラミド

セラミドは細胞間脂質と呼ばれるもので、これは三層からなる肌の組織の一番上、表皮に存在する成分です。
表皮が異物やばい菌を防ぎ、セラミドはその次の役目として角質に存在する脂質です。

このセラミドの働きにより、肌の水分の蒸発を防ぎ保湿を行います。
皮膚のバリアとしての働きます。

また、セラミドは脂質として油になじみやすいことや、同時に水分ともなじみやすい為に、皮膚に水分を蓄えます。

セラミドが不足すると、肌がカサついたりバリヤ機能が無くなってしまいます。
そうなると外部からの刺激を受けやすくなり、肌がヒリヒリしたり赤みのある炎症を起したりします。
これは敏感肌の症状ですね。

肌の基本をコントロールする成分として、保湿の約6割をセラミドが補っているという結果もあります。
このように、肌のトラブルの原因となりがちな、乾燥を防ぐためにもセラミドはとても重要です。

セラミドは保湿以外にも、しわやたるみなどを改善するアンチエイイングの効果もあることがわかっています。
その為、最近ではこのセラミドを豊富に含んだコスメがとても人気があります。
保湿効果だけでなくエイジングとしても効果が高いことから、富士フィルムのアスタリフト ジェリーアクアリスタなどが人気のあるセラミド美容液です。

関連記事

  1. アミノ酸
  2. メラニン色素を抑えるハイドロキノン
  3. 美容の王様 ビタミンC
  4. 肌を潤すヒアルロン酸
  5. エイジング効果絶大 プラセンタ
  6. イソフラボン
  7. コラーゲン

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP