美容成分ガイド

メラニン色素を抑えるハイドロキノン

ハイドロキノンは、チロシナーゼというメラニン色素を作る酵素を抑制する働きがあります。
メラノサイトと呼ばれるメラニン色素の細胞をおさえ、シミにとても効果がある成分として注目されています。
同じようにシミに効果があるビタミンCなどに比べてみてもその効果は高く、さらにエイジング効果があるとして多くのコスメなどで使われています。

美肌のケアには、このハイドロキノンが大きく活躍しています。
すでにできたシミは、ビタミンCではとることが出来ません。
予防の効果はもちろん、シミの除去まで行うのがハイドロキノンの作用です。

このようにハイドロキノンの効果はとても高いのですが、その分肌にも刺激がある為使用の際には注意が必要です。

まれに肌に炎症を起して赤くなったり、ヒリヒリするなどの症状が出ることがあります。
また、ハイドロキノン配合のクリームは、間違って使用すると肌に白い斑点のように色が付くこともあります。
日本で販売されているハイドロキノン配合の化粧品は、含有量が少なめですので副作用もほとんどありませんが、そのようなときには使用を辞めましょう。

敏感肌でも使えるハイドロキノン配合の美容クリーム『ルミキシル』は刺激が弱く美白効果もあることから、人気が高いです。

関連記事

  1. 保湿成分セラミド
  2. 肌を潤すヒアルロン酸
  3. アミノ酸
  4. イソフラボン
  5. 美容の王様 ビタミンC
  6. エイジング効果絶大 プラセンタ
  7. コラーゲン

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP