エイジングケア

肌が老化する原因、知っていますか?

年齢とともに肌の衰えはとても目立ってきます。
特に女性にとって肌の老化は気になるものですよね。

肌の老化の原因は、まず紫外線による肌のダメージがあります。
紫外線を多く浴びると皮膚がんの原因にもなりますし、シミやシワになってしまいます。

次に肌の乾燥です。乾燥すると肌にハリがなくなってきます。
肌の真皮にある水分量は、20歳をピークにどんどん減少していきます。

そして肌の老化は、年齢とともに減少していく女性ホルモンが大きく影響しています。
女性ホルモンの減少により、肌の細胞も活性化することが鈍くなり、細胞も若い頃のように作られなくなります。

老化の原因として最近注目されているのが活性酸素です。
活性酸素は体内のある酸素が脂質と一緒になり、肌の細胞を酸化させる働きがあります。
加齢とともに肌を酸化させ、シワやシミの原因になります。

活性酸素が増える原因としてストレスや喫煙などの生活習慣も大きく影響しています。
活性酸素をコントロールすることがアンチエイジングの良い効果ともなります。

関連記事

  1. 活性酸素が増えると肌はどうなる?
  2. ほうれい線ができる理由と対処
  3. エイジングケア化粧品の選び方
  4. エイジングケアの始め時は?
  5. エイジングケアにスムージー
  6. お肌のくすみ対策
  7. アンチエイジングに大切なスキンケア
  8. 活性酸素が増えてしまう原因

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP