エイジングケア

活性酸素が増えてしまう原因

活性酸素は体内の脂質と酸素が結合して作られるものですが、メラニン色素を増やすなどの作用がある為、肌には悪影響のあるもので老化を進める原因にもなります。
この活性酸素が増加してしまういくつかの理由があります。

1つめはストレスです。
精神的に安定しないと細胞の再生も満足にできなくなります。

2つめは喫煙です。
タバコに含まれる煙に活性酸素を多く含んでいる為、体内に入ったときに大量の活性酸素が発生します。
タバコは女性の喫煙者も多くいますが、肌には決していいものではありませんからご注意ください。

3つめはコレステロールの多い食事です。
脂質を減らすことは活性酸素の発生を防ぐことにもなりますので、毎日の食事内容には気をつけたいものです。

4つめは飲酒です。
肝臓から発生する活性酸素がある為に、決してよいことではありません。

活性酸素が増える原因は毎日の生活の中で非常に多いですが、食生活の改善や生活習慣を規則正しくするなど、自分で心がけてできることは沢山あります。
肌の老化は何もしないとどんどん進んでいきます。

関連記事

  1. 小ジワが気になる・・・その原因
  2. エイジングケアにスムージー
  3. 肌が老化する原因、知っていますか?
  4. お肌のくすみ対策
  5. 若いころと比べてのハリと弾力
  6. あなたの肌、枯れ肌かも!?
  7. 活性酸素が増えると肌はどうなる?
  8. エイジングケア化粧品の選び方

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP