敏感肌対策

敏感肌と食べ物の関係

敏感肌というのは、その状態により症状も異なります。特に女性の場合はホルモンのバランスが崩れたりすると肌の調子も悪くなりますし、生活のバランスはとても重要なポイントになります。

肌のバランスをよくするには、ビタミン、ミネラルの多い食品、野菜や果物がメインになってきます。食物繊維を多くとることで便秘の解消になりますので、敏感肌にはとても効果的です。特にビタミンCは、皮膚の組織を作る栄養素として必要で、グレープフルーツやキウイなどのフルーツに多く含まれています。

食事で野菜や果物を多く取ることは必要ですが、忙しい現代人にはなかなか難しいこともたしか。そんなときにはこのようなサプリで栄養の補助として使ってください。ビタミンAやビタミンCは皮膚を再生する為に必要な栄養分ですので、ぜひサプリを上手に利用して下さい。

脂っこい食べ物、揚げ物やファーストフードなどは、コレステロールを増やし体の循環が悪くなり肌の組織の再生がうまくできません。もちろん肌にも良くありません。

お酒を初めタバコなどの嗜好品は健康にもお肌にもよくありません。肌のバランスを崩し、ビタミンやミネラルが破壊されています。

体の血行を妨げる冷たい食べ物、冷えた飲み物などもの気をつけましょう。コーヒーはアイスではなくホットで飲むように、ちょっとした心がけが必要です。カフェインも取りすぎは肌に負担になりますので、気をつけてください。

食生活の見直しと、そして大切なのは生活習慣です。夜更かしは肌にとても悪影響があります。充分な睡眠は敏感肌の人を初め、美肌のためにはかならず必要です。肌に良い食べ物と充分な睡眠が肌の状態を整えるのに一番必要になりますので、体の中からも肌のケアをしてみましょう。

健康な体つくりをすることを意識していると、肌も自然と調子がよくなりますし代謝がよくなります。常日頃から気を付けるようにすると敏感肌解消につながります。

関連記事

  1. 敏感肌のクレンジング注意点
  2. 敏感肌改善の保湿法
  3. 敏感肌の化粧水選び
  4. お肌のピリピリ、その原因は?
  5. お肌がゆらぐ?
  6. 敏感肌のお化粧・メークの方法

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP