敏感肌対策

敏感肌のお化粧・メークの方法

敏感肌といっても、女性にとってメイクはかかせません。肌に負担がないようにどのようなことに注意をしたら良いでしょうか。

敏感肌の人にまず必要なのは、当たり前ですが肌の乾燥を防ぐことです。メイクをする時には、まずベースメイクがとても大切なポイントになります。化粧水をたっぷりつけて保湿をしていから、乳液で肌を整えるなど、メイクをするときは、多めに保湿をしておくことが必要です。

ファンデーションは、パウダーやリキッドなどタイプが色々ありますが、敏感肌の人には、パウダーを使うことがオススメです。リキッドのほうが仕上がりは綺麗ですが毛穴の中まで入りやすく肌に負担が大きいです。肌への刺激を考えパウダーにしましょう。そのときのパフで肌をこすらないように気をつけてください。摩擦が多いと肌には負担になります。多めに乳液などで下地を作っておけば、パウダーもしっかりつきますので心配ないですし、保湿効果のあるパウダーもありますので、そのようなコスメを選んでもよいでしょう。なるべく厚塗りにならないように、ナチュラルな仕上がりになるように、ポイントメイクも工夫してください。

肌への負担を減らすことが一番大切ですので、メイクも必要以上に長時間しないで、なるだけすぐに落として素肌でいられるように心がけてください。決してメイクしたまま寝てしまう事がないようにしてくださいね。

関連記事

  1. 敏感肌改善の保湿法
  2. お肌のピリピリ、その原因は?
  3. 敏感肌の化粧水選び
  4. お肌がゆらぐ?
  5. 敏感肌のクレンジング注意点
  6. 敏感肌と食べ物の関係

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP