アーリーエイジング

老化防止には紫外線対策が必須!

肌の老化の原因として紫外線は大きな要因となります。紫外線は肌に悪影響を与えるものですので、なるべく一年中紫外線対策をして外出することが大切です。

紫外線は肌の角質層にダメージを与え、コラーゲンなどを破壊していきます。その結果、シワやシミの原因となりますが、20代ではさほど気にしない方も多いですが、この修復は30代になると手遅れになってしまいます。20代でシミやシワがなくても、浴びてしまった紫外線の影響は必ず後になってからやってきます。

紫外線の対策は、季節によりSFPのレベルを変えながら効率よく日焼け止めを使いましょう。曇りの日でも紫外線を浴びていることを覚えて置いてください。

紫外線を浴びることにより肌の老化を進める活性酸素が発生します。そのため紫外線は肌に負担を与えるだけでなく、様々なトラブルの原因になります。紫外線の対策にはビタミンCを取ることも必要です。果物や野菜に豊富に含まれていますが、サプリメントとして毎日飲むこともお肌にはとてもいいですね。

紫外線により減少したコラーゲンも、健康食品や美容液を使い、エイジングの対策をすることも必要です。コラーゲンは食べ物からはあまり吸収されない成分ですので、コスメやサプリなどが効果的です。紫外線は、浴びたときでなくその後に肌に現れるものですから、肌が老化するとともにシワやしみがどんどん増えてきます。年齢を感じない肌を作るためにも紫外線はご注意ください。

関連記事

  1. 20代のシワ・ほうれい線対策
  2. 20代でも油断は禁物!正しいスキンケアの方法
  3. 毛穴の開き黒ずみが気になる
  4. 20代でもアンチエイジングケアは必要?
  5. 老けないための食生活
  6. アーリーエイジングケアとは?
  7. 30代以降に向けて気を付けておくこと

敏感肌対策

美容成分ガイド

乾燥肌対策

エイジングケア

肌トラブル110番

PAGE TOP